1: 伊勢うどんφ ★ 2014/03/12(水) 23:07:51.87 ID:???
no title

いわゆる「生まれか、育ちか」論争で取り上げられることの多い「音楽的な才能」。まったく同じ環境で暮らしている2人のうち、一人はピアノの名人に、もう一人は音楽的才能が皆無などということが起こり得るのはなぜか。この答えは遺伝子にあるのか、それとも育て方にあるのか──。

 数百人を対象に比較調査した結果、この疑問への答えに到達するための第一歩は「DNA」、すなわち音を聞き取る能力に関係するいくつかの遺伝子にあるとする研究論文が11日、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン医学誌「モレキュラー・サイキアトリー(Molecular Psychiatry)」に掲載された。

 研究チームは、7歳~94歳までの76家族767人から血液サンプルを採取し、その血液サンプルから抽出した遺伝情報を解析して被験者間で比較分析を行い、被験者のDNAに存在する変異を調べた。血液サンプルには、プロの演奏家を多く輩出している音楽性の強い家系のものも含まれた。

 被験者はまた、音楽に関する3種類のテストを受けた。テストでは、音調と長さがわずかに異なる音の区別や「連続した音」の微妙なバリエーションの識別などが問われた。

 このテストで好成績を収めた人たちの中で大きく際立っていた点は、第4染色体にあるいくつかの遺伝子に些細だが有意な相違があることだった。この発見は、人がどのように音を聞いて認識するかを決定付ける一助となる。

■「一次的」要素と「二次的」要素
 一つの変異は、内耳の有毛細胞にとって重要な「GATA2」と呼ばれる遺伝子上にあった。有毛細胞にある繊毛は、異なる振動数に応じて動き、聴覚神経を通して脳に信号を送る。

 証拠を示すもう一つの変異は、「へんとう体」と呼ばれる脳の部位で重要な役割を果たす「PCDH7」と呼ばれる遺伝子。へんとう体は、音をパターンに変換する仕組みをつかさどっていると考えられている。

 これらは、遺伝子が運ぶと思われるさらに多くの情報のほんの一部にすぎないが、いずれにしてもDNAで部分的ながらも音楽能力を説明できると論文の執筆者らは述べている。

 広く知られている説によると、音楽的才能には、音調と音階を識別する身体的能力という「一次的」要素があり、これは、個人の文化や環境に左右される演奏技能という「二次的」要素への必須条件だという。

 論文は「音楽的才能は複雑な行動特性」としており、今回の実験はその「一部のみを説明する」ものだと強調している。

 今回の論文では、音楽の創造性、すなわち作曲能力に関する考察は行われていない。
http://www.afpbb.com/articles/-/3010172?pid=0

A genome-wide linkage and association study of musical aptitude identifies loci containing genes related to inner ear development and neurocognitive functions
http://www.nature.com/mp/journal/vaop/ncurrent/full/mp20148a.html

2: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:08:42.48 ID:E3G2B7aJ
ガキになる精子解明かと

3: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:10:03.05 ID:fdhWNJtC
このDNAない奴は指揮者の才能がないってことか

4: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:14:31.57 ID:QNuJbOXh
佐村河内と小保方さんに共同研究してもらいたい

6: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:20:35.57 ID:PMt0B8wA
そりゃあるでしょ 音痴にいくら懇切丁寧に教えても治らないんだから根本的なところに原因があるのは明らか

9: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:29:06.75 ID:wrZdgcm3
音楽的才能には、「音楽を作る才能」、「音楽を演奏する才能」、「音楽を味わう才能」がある。

いくら良い音楽が作られ、演奏されても、それを何とも思わない聴衆なら価値は生まれない。
むしろ、作ったり、演奏したりする才能より、それを評価できる才能のほうが貴重。

13: 名無しのひみつ 2014/03/12(水) 23:47:15.64 ID:mh2LZacx
こういう研究が繰り返されるって事は
遺伝子優劣論は存在しているわけだ
遺伝子で勝つ方法があるとすれば
弱肉強食や切磋琢磨がまともな方向性で存在している社会を維持するって事ではないかな?

社会にズルが蔓延って卑劣が勝利の決め手となると
遺伝子の劣化は1000年単位であれば十分に有り得る事だ

17: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 00:25:27.47 ID:YsgfnlfO
>テストでは、音調と長さがわずかに異なる音の区別や
>「連続した音」の微妙なバリエーションの識別などが問われた。


聴覚であって
音楽的才能と関係ないんじゃね

18: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 00:29:52.63 ID:mW4QqMR4
これはアナログのクラシックには関係するが、デジタルにはあんまり関係なさそうだよな

32: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 01:54:25.37 ID:EWFGLVBQ
絶対音感持ってる知り合いがいるけど、生活音が音階に聞こえて酔うらしいね
脳を酷使するから、雑音の多い場所で疲れやすいとも言っていたっけな
音痴の俺には全く分からないが、つらい事なんだろうと思うよ

35: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 03:22:02.74 ID:Ons/D4D7
>>32
それ絶対音感と基本的には関係ないので
絶対音感というのは単に、鳴った音に対してこれは「ファ#」などと言い当てられる能力のこと
しかもオクターブ12音階という、究極的には恣意的な音決めに対して 別に48分割音階でもいいし、7分割でもある程度成立する

アニメの色彩指定職についた人間が、「何を見ても「これはブラウンの7B」、とか色名が頭に浮かびすぎて疲れるー」みたいな話
なにか自慢でもしてんのか、でなければ単に頭に柔軟性がないか、文字通り仕事のしすぎだろ、ということでしかない

42: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 11:17:33.97 ID:NBCcRACt
>>32
絶対音感と音楽の才能は特に関係ないよ
平均律縛りになるからクラシックだと邪魔って人もいる

39: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 07:49:25.74 ID:NTPeO7AW
音楽的才能に遺伝子が影響すると考えるのは自然
その国の歴史として音楽が重視され音痴を受け入れない風潮があるなら、
その人はモテずに遺伝子を残せない

日本の貴族や農民でも歌を歌う文化があったろうし、それが求愛に関係してる場合もあっただろう
音痴ということはしゃべり方もなんか変な感じがでてしまう場合もあるだろうからモテない傾向はあっただろう

46: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 13:01:00.02 ID:3RAkIieL
ブラームスもワーグナーも音楽一家の家系ではなかったよ。
素質なんてせいぜい10%。後は努力だ。但し努力する才能自体ない奴はいる。
そういう奴はなにやってもダメ。逆に努力する才能さえあれば、何やってもそこそこ上手くいく。
いたでしょ?スポーツ万能で成績もいい人。

51: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 14:24:55.32 ID:vqdPTiii
努力する才能w
無能の言い訳を真に受けるバカだな

53: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 14:35:08.87 ID:ZKnV961N
>>51
努力は才能とあまり関係ないと言われている。
勉学でも体育、音楽と異なり、数学に関しては
才能より努力的要因が多いという研究結果もある。

運動でも短距離走は遺伝要因が強く、長距離は
努力要因が強い。つまり、努力と遺伝はあまり
関係が見られない。努力を必要としない50m走は
遺伝である程度決まってしまう。

54: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 15:31:03.06 ID:yzjSuMFq
大多数の人たちが認識できないほどの微妙な音の違いを認識できることに職業音楽的な意味があるとは思えない。芸術としての音楽には意味があるかもしれないが

55: 名無しのひみつ 2014/03/13(木) 16:10:08.80 ID:3RAkIieL
食っていければいいってレベルなら別にたいして才能いらない。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1394633271/